2023年4月30日 (日)

「AI」が流行る中 手作業の人体作成も「愛」( `ー´)ノ

AIで人体作成が出来て、その精度も驚いてしまいます。

Blenderで人体を作成していますが、手作業で作り上げるのはもう終わりか?と思う反面、

「いや何か違うだろ」という思いが出てきます。

どこがどう違うかは分からんけど・・・・。

「愛」着という「AI」があるんじゃ!と思います。

しかし、手作業を公開することはツッコミどころはいっぱいあって、

色々と言われると悩んでしまうものなのです(/ω\)

ま、色々見てやってください。

第1回 実寸大のテンプレートと眼球位置

1002

https://youtu.be/pO5iJJKsHkY

 

第2回 目のまわりの作成

2001

https://youtu.be/n7D7kvTKag4

 

第3回 鼻の作成

3001

https://youtu.be/TtRXqy0p0DQ

 

第4回 唇の作成

4001 4002

https://youtu.be/lekmcfIaryA

 

第5回 東部の作成(前半)

5002 5001

https://youtu.be/EsXlZt4mHdE

更に 追加しています。

見てください。

2023年2月 1日 (水)

Blenderの人物の作成講座をやっています((^_-)-☆

久しぶり中の久しぶりの更新です。
Blenderを使って人物作成の講座をやりはじめました。

https://youtu.be/pO5iJJKsHkY

Bandicam-20230105-074929398

まだ 2回目ですが 見にきてください

2020年1月25日 (土)

カガミの設定はどうすればいい?

北海道の帯広市は昨日から晴れていますが、
風が強く雪積の表面にある軽い雪が飛んで吹雪のようになっています。


さて、Blenderで鏡を作ろうと思い試行錯誤しました。あくまで平面での鏡の設定です。参考になれば幸いです。
このポイントはライトブローブという設定でした。
何も選択されていない状態で、追加>ライトブローブを選択します。

まず最初に鏡となる平面を縦に設定します。画像が大きいので注意です。
プロパテイは画像にありますが、
メタリックを1.00に設定し他は0.00設定です。アルファは触らなくてもOK
Bandicam-20200125-133642649
 次に、追加>ライトブローブを選択します。新キューブをつくるときの感じですね。
Bandicam-20200125-134448474
すると平面にライトブローブが表示されます。矢印がその状態です。
Bandicam-20200125-134419177
これを、垂直にして先ほど作成した縦の平面に合わせます(これがチョイト面倒です)
枠が5本ありますが中央の枠の位置が重要です。
これが最初に作成した平面を前後し丁度中央になるようにします。ずれると見えなくなります。
特に、影がカラスにぶつかっている場合は微調整が必要です。
Bandicam-20200125-135537200  
Bandicam-20200125-140231280

床面でも同様なことができますし、メタリックの設定で反射度が薄くなります。
Bandicam-20200125-140558368
床面にも使えます。あくまで、平面の鏡の設定です。
以上で鏡面の設定の研究でした。






 

2020年1月22日 (水)

基本 スポットと点光源の影のぼかしの研究

北海道の帯広市で悩みながらCGを制作、研究をしています。
歳ですので色々と限界があります。今回は、

スポットと点光源のスポットの「影をぼかしたい」という基本的なことを知らなくてはと思い調らべてみました。
画面が大きいので注意したください。
スポットを1、2、5の種類。点光源を3、4の2種類を用意した。
高さ8m、エネルギー1000wはすべて同じです。
光源の蛮行と右のプロパティウインドウのアンダーラインに注目です

スポット1 周りをぼかして赤玉の影をはっきりさせる。
Bandicam-20200122-212858707半径0.1m ブレンド1
スポット2 周りをはっきりさせて赤玉の影をぼかす。
Bandicam-20200122-212927601半径1m ブレンド0
そこで、スポット5では半径もぼかし、赤玉の影もぼかす
Bandicam-20200122-212945391半径1m ブレンド1
となります。

点光源3 赤玉の影をぼかす
Bandicam-20200122-212934956 半径1m バイアス1
点光源4 赤玉の影をはっきりさせる
Bandicam-20200122-212939985 半径0.1m バイアス1
バイアスは0と1どちらも影響なかった。

2020年1月20日 (月)

レース柄の透明設定について

北海道の帯広市在住3年半がすぎました。
帯広に来た年は40年ぶりの大雪でしたが
今年はとても少ない雪で驚いております。
さて、レースの柄を透過させてその柄の影を床面に反映させる方法です。

レース柄を白にしたアルファチャンネルを加えた画像を使うと意外と出来上がます。
あとは設定ですが、下図を見て参考になれば幸いです。
出来上がったら、3Dビュー画面をクリックしないと透けた影が現れませんでした。

Bandicam-20200120-221807961

アルファチャンネルが無い白黒画像の場合は、
フリーソフト「GINP2」を使ってアルファチャンネルンネル付き画像ができます。
Blenderもフリーですので画像ソフトもGINP2のフリーソフトを使用しています。年寄には助かります(笑)。 
Bandicam-20200120-231535459レイヤーにアルファチャンネルを追加

Bandicam-20200120-231636818色から>色を透明度にを選択
Bandicam-20200120-231803465 プロパテイが出るので色のスポイトを選ぶ

Bandicam-20200120-231921911

黒い部分をクリックするとアルファチャンネルを追加した画像が作成できます。

 

2020年1月18日 (土)

キャラクターの腕上げと表情は難しい

キャラクターのポーズや表情は難しいですね。
※画像が大きいので注意

F012d1F012d2

腕上げのポーズは特に脇の下が難しい、女性は胸線と脇の下がつながって見えるように見える。 

2020年1月 2日 (木)

Blender2.8 レースの柄の透過と影、ワイングラスと液体の透過と屈折の設定

2020年明けましておめでとうございます。
北海道の帯広市は例年になく雪がありません。丁度、横浜の雪が解けた後の路面が見えている様な感覚です。
しかし、外気はマイナス5度ぐらいです。ほんとに寒いです。

Blender2.8で、レース柄の透過と柄の影の投影、ワイングラスの透過と液体の透過と屈折をyoutubeに公開しました。
64歳近いジジイが作っているので色々難所もあるでしょうが、とりあえす見てください。
なお物理演算がありますが解説していません。

https://youtu.be/Fob_sXJGjBg

屈折は次の動画をみてください。

0727  

重要※屈折の設定も出来ましたので投稿しておきます。
無音で解説がありませんのでご了承ください。

Photo_20200102214001

https://youtu.be/uvEEjgPnQWg

ここから下の空白は不定期に更新しますので、何度か尋ねてください。
何か参考になれば幸いです。

動画の解説をいたします。

①レースの透過とその影

Bandicam-20200102-220254663

Bandicam-20200102-220401319

②グラスの透過と屈折
Bandicam-20200102-220311503

Bandicam-20200102-220412234
③同様に液体’ワイン)の屈折

Bandicam-20200102-220320714
Bandicam-20200102-220418508

参考になれば幸いです。
今年、2020年はBlenderにとっても素晴らしい年となりますように。

 

2019年12月25日 (水)

Blender2.8 やっとここまで

 久しぶりの更新です。

北海道の帯広市に在住しています。
今年は雪が少ないです。路面が見えて都合がいいのですが、雨の日の路面は氷のブラックバーンです。

毎日毎日、マイナスの冷凍庫の中と同じような部屋でBlenderを学んでいます。
2.81と2.80を行ったり戻ったりして作成しています。
まだ、慣れていないので戸惑いながらの作成です。
Blender2.8はかなりシビアなものと感じています。特に、光の調整が難しいですね。
今回のも背景はありません。光の調整やら、マッピングやらとまだまだすべきことが多すぎますね。
表情のボーンを追加しています。裸じゃ困るのでブラウスを着せてみました。

D009-demo05_20191225211701

画像が大きいので注意したください。

 Bandicam-20191225-003021825

Bandicam-20191225-003629672

ボーンは以前と変わりありませんでしたが、慣れないです。

 

 

2019年11月15日 (金)

Blender2.8 使ってみました 63歳爺さんのCG(/ω\)

北海道 帯広から

Blender2.8 使いかっては2.7以前とかなり違うけれどなんとかなってきた。
試行錯誤の連続でです。両方の画像は作業画面です。左画がEEVEEの作業画面、右側がそのままCyciesにしたものですが作業画面の切り抜きです。画像が大きいので注意してください。

 

Bandicam-20191115-225220162Bandicam-20191115-230356323

髪の毛の質感など結構苦労しました。設定など修正箇所はたくさんありますが、第一段階を通過した気持ちです。

2019年8月28日 (水)

Blender2.80 そろそろ始めるか('ω')ノ

北海道帯広に住んで3年目がたちました。
Blenderも新しくなりましたし、定年退職しジジイがBlenderをまたやりはじめました。

覚え方はいろいろあるのですが、まずはモデリングしながら
ああだこうだったと言いながら覚えていくかしかない('ω')ノ

Bandicam-20190828-123709111

人体は158cmのキャラクターを作成したみた。
背景に画像を取り込んでポリゴンパネルをちまちま張り合わせた。
ポリゴン数は6969。
いままでは、キューブの7倍の大きさのキャタクターを作成していた。
158cmのパネルはゲージとして作成し、その後背に景画像を合わせた。
初期設定のキューブがやたらとデカい。

今のところ大きな問題は無いです。
近日中に作成過程を公開します。

ちなみに
64ビット専用のBlender2.81もダウンロードできます。
https://builder.blender.org/download/

 

 

 

«Blender2.8を使ってみた!(2)